欧州車コーディング・リキャブ作業致します。

コーディングとは

欧州車は、車載コンピューターのソフトウェア制御により様々な設定を調整しております。例えば、輸入先の法規制や自主規制に適応させる目的で、ライトの点灯パターンを変更したり、走行中テレビを視聴できないよう設定したりです。これらの中には、変更を加えても法的に問題の無い機能も数多くあり、設定を変更することで、より快適なドライブを体験できる機能も数多くあります。

コーディングとは、簡単にいうと、このように元々持ち合わせている車本来の性能を設定の制限を外したり、パラメータの調整により、快適性を向上させたりするコンピューターによるチューニングのことを指します。

しかしながら、安易な設定変更は、不調をきたすだけではなく、ディーラー保障に影響したり、最悪のケースでは、車両の故障につながります。当店では、各メーカー専用機器、専用ソフトウェアを準備し、輸入車の取扱の長年のノウハウと海外とも連携した情報網により新型車種に関しても対応可能となっております。同業者様からのご依頼も多くございますので、どうぞ安心してお任せください。

 

リキャブ(リキャリブレーション)とは

上記の通り近年の欧州車はコンピューター制御のウェイトが大きい為、部品を交換した際には新しい部品をコンピューターに教え込んで適切に調整する作業が必要になります。この再度の調整作業がリキャリブレーションです。つまり欧州車では、専用機器がないと部品交換を単純に行っても、エラーが出てしまい完成させることはできない場合があるのです。

 

対応メーカー・保有機材に関して

欧州車

  • メルセデス・ベンツ(mercedes-benz) Xentry‎所有
  • BMW E-Sys PSDZDATAなど所有<E系、F系全車対応します>
  • アウディ、フォルクスワーゲン(AUDI,VW) VCDS所有

アメ車

  GM、FORD、クライスラー系、北米逆輸入車(TOYOTA・NISSAN) 各メーカー対応    NISSANコンサルト所有

*コンピューター診断に関しては、汎用機含め診断機多数所有しており、国内、輸入車問わずほぼ全車種対応可能です。

軽~重整備、ボディワーク、カスタムワーク、セッティング、レストア、やらせて頂きます。

整備に関して

国産~外車問わず、一般・ディーラーで断られた車両でも受け入れます。

(例)

現行のレッドテール等の改造作業・コンピューター診断、アメリカ車はGM・テック2・フォードVCM2等、コンサルト3まで逆輸入車も対応した診断もあります。

欧州車は アウディ メルセデス・ベンツ フォルクスワーゲン等、診断可能です。

 

また、古いお車のキャブ・足回り等のリペアパーツからOHまでお任せ下さい!

電気系統でお困りの方!アメリカ車の配線図を取りそろえてありますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

鈑金・塗装に関して

古い車両のボディーワークから軽BPまで、いくらでも安くやらせて頂きます。

 

自動車の輸入行います。(車両本体・パーツ)

小暮自動車ではアメリカにいるスタッフが幅広いネットワークでディーラー、現地部品商等より、直接情報収集、交渉、仕入、直輸入をおこなっておりますので。お客様により早く、確実にそして安く提供することができます。※イーベイ(eBay)、Auto Trader 等の代行でも構いません。

 

車両の輸入に関して

車両の場合、日本に到着後通関手続き(輸入の申請)が必要となります、また公道を走るためには、国内改善、新規登録が必要となります。当店では、輸入からナンバー取得、メンテナンスまでを一貫して提供致しております。ここ秋田で、アメ車を乗りたいお客様、カスタムをしたいお客様、ぜひ当店に遊びに来てみてください。

新車、中古車問わず探すことができます。日本ではお目にかかることの少ない旧車も探します。

 

カスタムパーツ・US純正部品の輸入に関して

 パーツに関しては、現地で販売されているものであれば、取り寄せすることが可能です。OPGILMCClassic IndustriesEdelbrockHolleyなどなど。

もちろん小さいパーツ1個より調達できます。

送料に関しては相談ください、お急ぎの場合は航空便、通常は船便、運賃安く抑えたい方は当社のべつの荷物がある時のついで便で承ります。

 

商品代金・キャンセルに関して

商品の性質上、キャンセルはできませんのでご了承ください。代金は基本的に前払いとなります。車両購入に関しては、ローンでの購入も相談ください。

 

業販に関して

整備鈑金工場・中古車業者の方には、業販価格で販売いたします。継続的なお取引をいただける方には、取引ボリュームに応じて、価格引き下げます。
*部品商、部品再販業者からの依頼は現在承っておりませんご了承ください。

 

アメ車・欧州車のコンピューター診断してます。

輸入車の診断について

現在コンピューター診断機による車両の状態checkは一般的になってきました。しかしながら、輸入車の場合、一般の整備工場では対応が難しい為断られるケースも多く聞きます。

小暮自動車では、アメ車、欧州車にフル対応しております。調子を見てほしいがどこに頼めばよいかわからないなどお悩みの方。診断だけではなく整備もおこないますので是非どうぞ。

 

コンピュータ診断機の対応車種について

欧州車、日本車は2001年移行、アメ車の場合は1996年以降販売される車に共通した点検用の規格としてOBD2が定められ搭載が義務づけられておりますので、この年式より新しい車であれば、コンピュータ診断可能です。

尚、旧車用の各種診断装置もございますので問い合わせください。

 

診断料金に関して

診断のみの場合は、全車種一律4,200円となります。

(診断結果に基づく作業は別途となります。)